研究者(本学教員)の方へ

faculty

研究者(本学教員)の方へ

女性研究者研究支援制度の利用対象者

本学に雇用または受入れを許可されている女性研究者、配偶者が大学等の研究者である男性研究者のうち、以下の理由により研究時間が十分に確保できない方。

  1. 本人または配偶者が妊娠中の方
  2. 小学校6年生までの子を育児している方
  3. 家族(要支援または要介護の認定を受けている)の介護中の方
  4. 家族の病気看護中の方
    ※ 産前産後休暇中、育児休業中及び介護休業中の方は対象となりません。

 

支援業務の内容および支援時間

文献検索、データ整理・入力、図表作成、資料収集、実験補助等、その他研究業務についての補助。
原則として週10時間まで。

利用の申請および支援期間

利用ご希望の際は、メールあるいは電話にてエンパワーメント・センターまでご連絡ください。
必要書類をお送りします。

申請は、前期・後期の2回受け付けます。
【前期】募集受付 2月上旬~3月上旬、配置期間 4月~9月
【後期】募集受付 7月上旬~8月上旬、配置期間 10月~3月

※原則、上記期間で制度利用者の募集を行いますが、期間外でも対応可能な場合もありますので、随時エンパワーメント・センターにお問合せください。

研究支援員の候補者について

研究支援員の候補者(指導学生など)が決まっている場合は、利用申請の際にご連絡ください。
候補者がいない場合は、エンパワーメント・センターが研究支援員人材バンク登録者から候補者をご紹介します。

利用者の声

「きわめて適切にデータ入力および資料検索をしてくれて大変助かりました。」(50代女性)

「介護のため授業期間中はなかなかできなかった研究課題に取り組むことができました。」(40代女性)

「研究支援員に史料入力をお願いしたので、読解に集中でき、論文執筆につながりました。」(30代女性)

「研究支援員のおかげで効率のよい研究ができたため、家庭では育児等を分担して、配偶者の研究時間を確保することができました。」(30代男性)

「目指す女性研究者にとって非常に有難い制度です。」(30代女性)