ライフキャリア講座

LIFE CAREER PROGRAM

【社会人対象】魅力的な応募書類の書き方講座 10月26日(土)

日時:2019年10月26日(土)13:30~16:30

場所:東京女子大学本館 0101教室

講師:宮島佳代子氏(国家資格キャリアコンサルタント)

 今年9月に10回連続講座として開講した、女性イニシアティブ・プログラム「自分デザイン講座 ―人生(ライフキャリア)を切り開くヒントを探す―」のフォローアップ講座を開催しました。「魅力的な応募書類の書き方講座」と題し、自分デザイン講座の受講者のみならず、一般の方にも公開しご参加いただきました。参加者は20~50代と幅広く、新卒で正規職員として働きつつも転職を決意し現在準備中の方、正規職員としての定年が間近となり今後について熟考している方、期限付き職員の更新を続けキャリアを積み上げている方など、境遇もさまざまでした。

 講師の宮島氏の軽快で説得力のあるアイスブレイクで、最初は緊張気味だった初対面の参加者たちもあっというまに打ち解け、和やかな雰囲気の中で講座が始まりました。まず、宮島氏から「そもそも魅力的な書類って?」の問い。参加者で話し合い「魅力的な書類=会いたくなる書類」との答えを導き出しました。では、「会いたくなる書類って?」―。ここで宮島氏から「会いたくなる書類では自分の強みをアピールすることが大切です!」の言葉。このアドバイスを踏まえ、参加者はグループを組み、「自分のよさ」の自己分析・他己分析のワークを行いました。参加者たちは、自分が知っている「自分のよさ」を他人からも認められてほっとしたり、納得したり。はたまた、自分では気づかなかった「よさ」をほぼ初対面の人から教えてもらい意外な表情を見せたり、嬉しく感じたり。とても貴重な体験ができたようです。自分のことは自分だけが知っているのではなく、他人だからこそ見えている部分もあり、自分の認識とのずれがあることを再確認しました。ワーク後には、参加者一人ずつ自分の強み(よさ)を発表しました。自己分析通りの強みであったり、今回の他己分析で初めて知った強みであったり様々でしたが、具体的な体験に基づいた自己PRはどれも力強く自信に満ちたものでした。

 講座の最後の質問コーナーでは、職歴の多い場合の履歴書・職務経歴書の書き方、手書きとワープロ書体の印象の違いなど、具体的な質問が多く寄せられ、講師の宮島氏の回答を熱心にメモ取る姿が見られました。

 今回の講座のメッセージ「自分の強みを知り活かしましょう!」は、「魅力的な応募書類を書くこと」のみにとどまらず、今後の人生へのエンパワーメントになることでしょう。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

【アンケートから】

講座時間が短いくらいでした。もっと長い時間が良かったです。(20代)

新たな視点を初対面の人と話すことで得られることもありました。(30代)

HOW TOだけでなく、人生について、自分自身についての学びをさせていただきました。(40代)

人生100年時代、しっかり落とし込んでみます。(50代)